国税

国税とは国に納める税でこれは国民の義務として広く知られています。
この税には色々なものがあり、直接税と間接税に分かれていて、以下の通りとなります。

直接税として、所得税・贈与税・相続税・法人税などが主です。

間接税として、消費税・タバコ税・酒税・印紙税・重量税(自動車)・揮発油税・その他燃料に関わる税などが日常の生活に関わる主なもので他にもあります。

直接税の場合は最終的に税負担をする人とその経過で負担が生じる人も同様の課税が求められるものです。
一方、間接税は納税義務がある人が最終負担者と同様とは限らず、項目により違いのあるパーセンテージで嗜好品や燃料など主に消費に関連し求められるものです。
その中でも印紙税は、物品購入の際に支払額が30000円を超えた場合に販売者が負担するもので、レシートや領収書に印紙を塗布して納税を果たすというもので、額面が29999円であれば納税の義務はなく、消費者がこれを2回に分けて支払った場合も納税がないもので、さらに同額で銀行振込みによる払い込みであれば、印紙税の納税がないという特異なものです。
消費税は1%が地方税として割り振られます。
ただ、これらの税は土地所有や相続贈与、消費に関わらなければ求められることのない税であるため、節税は個人の努力で出来ることになります。